天気予報を見る
 
新聞購読申込

正倉院展の宝物を公開/奈良博物館で27日から

2012/10/26 10:00

 第64回正倉院展で18年ぶりに展示される「瑠璃坏」=26日午前、奈良市の奈良国立博物館
 第64回正倉院展で18年ぶりに展示される「瑠璃坏」=26日午前、奈良市の奈良国立博物館

 奈良国立博物館(奈良市)は26日、第64回正倉院展が27日から同館で始まるのを前に、展示する宝物を報道関係者に公開した。正倉院展は来月12日までの17日間で無休。

 今年は北倉に納められた聖武天皇ゆかりの宝物が多いのが特徴。ヤコウガイを使った装飾が美しい「螺鈿紫檀琵琶」や、赤く染めた象牙に麒麟や花をくわえた鳥などを彫った付属のばち「紅牙撥鏤撥」のほか、三日月が輝くすごろく盤「木画紫檀双六局」とサイコロなど、華麗な宮廷生活を想わせる宝物が並ぶ。

 また18年ぶりの展示となる「瑠璃坏」やガラスの腰飾りなど、国際色豊かな古代ガラスを楽しむことができる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.