天気予報を見る
 
新聞購読申込

藤田嗣治の遺作寄贈/フランス・ランス市に

2012/10/23 21:35

 【パリ共同】1920年代にパリで活躍した洋画家、藤田嗣治(1886〜1968年)の遺作が22日、藤田が永眠する「フジタ礼拝堂」があるフランス北部ランス市に遺族から寄贈された。2018年に開館予定の美術館に常設展示される。地元メディアが伝えた。

 藤田は1913年に渡仏、モディリアニやピカソらと交友。独自の画風を確立し「エコール・ド・パリ(パリ派)」の花形となった。今回寄贈されたのは、22年作の「自画像」や、32年の「マンゴー」、63年の「猫」など。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.