天気予報を見る
 
新聞購読申込

浅草最後の映画館が閉館/発祥の地から銀幕消える

2012/10/21 21:07

 閉館する浅草名画座の前で記念撮影をする男性=21日午後、東京・浅草
 閉館する浅草名画座の前で記念撮影をする男性=21日午後、東京・浅草

 東京・浅草で最後まで映画上映を続けてきた名画座3館が21日、閉館した。常設映画館発祥の地である浅草から最後の銀幕が消えることで、映画ファンからは惜別の声が上がっている。

 3館は、浅草新劇場、浅草名画座、浅草中映劇場。新劇場は日本映画の名作、名画座は任侠映画や喜劇、中映劇場は洋画をそれぞれ中心に上映してきた。閉館について、3館を運営する「中映」(東京)は「施設老朽化をはじめ複合的な理由」とし、親会社の松竹の広報室は「跡地利用については現在検討中」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.