天気予報を見る
 
新聞購読申込

佐渡鉱山など6件、重文指定へ/文化審議会

2012/10/19 17:45

 新潟県佐渡市の旧佐渡鉱山採鉱施設=西山芳一さん撮影(文化庁提供)
 新潟県佐渡市の旧佐渡鉱山採鉱施設=西山芳一さん撮影(文化庁提供)

 文化審議会(宮田亮平会長)は19日、昭和初期に整備された「旧佐渡鉱山採鉱施設」(新潟県佐渡市)など6件の建造物を重要文化財に新規指定するよう田中真紀子文部科学相に答申した。

 江戸時代〜昭和初期に建てられた町屋が残る富山県高岡市の金屋町地区など4地区も重要伝統的建造物群保存地区に選定するよう求めた。

 近く答申通り告示され、建造物の重要文化財は2397件、保存地区は102地区になる。

 旧佐渡鉱山は、江戸時代から1989年まで操業した国内最大級の貴金属鉱山跡。指定される施設は、採掘に関係する建造物や機械が一体で残り、戦前の鉱山施設を知る上で重要と評価された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.