天気予報を見る
 
新聞購読申込

熊本の弥生中期遺跡で鉄斧出土/地域の有力集落か

2012/10/11 13:49

 「轟今古閑遺跡」から出土した鋳造鉄斧の破片。右は破片を含む復元模型=11日午前、熊本市北区
 「轟今古閑遺跡」から出土した鋳造鉄斧の破片。右は破片を含む復元模型=11日午前、熊本市北区

 熊本市は11日、弥生時代中期(約2300〜2千年前)の「轟今古閑遺跡」(同市北区)から、新たに鋳造鉄斧の破片と、円形竪穴住居跡1カ所が見つかったと発表した。熊本県で鉄製品が普及したのは弥生時代後期からとされ、同市文化振興課は「貴重品を持つ力がある、この地域で有力な拠点集落だった可能性が高い」としている。

 円形住居跡は直径約7メートルで8本の柱穴が等間隔で並んでおり、集落の中心的な施設だった可能性がある。これまでは方形の住居跡しか見つかっておらず、文化振興課の担当者は「これだけきれいな形で出てくるのは、県内では珍しい」と話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.