天気予報を見る
 
新聞購読申込

キネマ旬報社、初の映画館運営/劇場苦境でも多様な作品を

2012/10/09 16:30

 日本を代表する映画雑誌「キネマ旬報」を発行するキネマ旬報社は9日、貸会議室業のティーケーピー(東京)と業務提携し、映画館の運営事業に参入すると発表した。

 キネマ旬報社の映画館運営は初めて。今年3月に閉館した千葉県柏市の映画館をティーケーピーが賃借し、同社が運営を受託する。

 劇場は最大3スクリーンで、来春オープン予定。雑誌などと連動して新作や過去の名作を上映する。他の劇場運営や映画の上映会なども今後検討するという。

 各地の中小劇場は、設備のデジタル化を迫られるなどして閉館が目立つが、同社は「新たな劇場で多様な映画を見てもらい、映画文化に寄与したい」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.