天気予報を見る
 
新聞購読申込

日欧の音楽交流資料を展示/140点、東京で

2012/10/06 10:35

 「ウィーン楽友協会資料館」所蔵の浮世絵
 「ウィーン楽友協会資料館」所蔵の浮世絵

 江戸期の日本の楽器などを描いた当時のフランスの百科事典など、16世紀から20世紀までの日欧の音楽交流を示す資料約140点の展覧会が6日、東京・赤坂のサントリーホールで始まった。

 歴史的な作曲家の自筆譜や楽器などの収集で知られる「ウィーン楽友協会資料館」の所蔵品で、ほとんどが日本初公開という。ブラームスが所蔵していたという日本の音楽の楽譜や、チェロを持つ女性の明治初めの浮世絵などが含まれる。研究者らは「欧州の人々が日本に強い関心を持っていたことを示す貴重な資料」としている。

 展覧会は12日まで。入場料千円。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.