天気予報を見る
 
新聞購読申込

太安万侶墓誌に新たな文字/筆跡そっくり、再調査で判明

2012/10/04 17:35

 太安万侶の墓誌を3次元計測したCG画像。赤く色付けされているものが新たに見つかった文字(奈良県立橿原考古学研究所付属博物館提供)
 太安万侶の墓誌を3次元計測したCG画像。赤く色付けされているものが新たに見つかった文字(奈良県立橿原考古学研究所付属博物館提供)

 古事記の編者・太安万侶の火葬墓(奈良市)で1979年に見つかった銅製の墓誌(重要文化財)に、たがねで刻まれた銘文と筆跡がそっくりな文字が筆でも書かれていたことが分かり、奈良県立橿原考古学研究所が4日、発表した。今年で古事記編さん1300年になるのに合わせ再調査していた。

 墓誌は16件しか現存しないが、銘文横に筆の文字が見つかったのは初めて。同研究所は「墓誌を作る背景や過程を探る貴重な手掛かりになる」としている。

 書かれた目的は不明で、研究者間でも「試し書き」「墓地購入の証文」などと意見が分かれており、全ての墓誌を再調査する必要性も出てきそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.