天気予報を見る
 
新聞購読申込

「視聴者裏切る」とBPO/日テレ芸能番組に意見書

2012/10/04 17:16

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は4日、日本テレビのバラエティー番組「芸能★BANG ザ・ゴールデン!」が「不適正な言葉を多用し、過剰な演出で視聴者をあざむくなど、放送倫理に反した」とする意見書を公表した。

 番組は5月4日に放送され、女性お笑いタレントと占い師の同居騒動を特集。新聞のテレビ欄や番組内で占い師本人が登場するかのように告知したが、実際に登場したのは別の占い師だった。

 意見書は、この演出が「表現の行き過ぎ」などではなく、視聴者への「裏切り」だったと指摘。川端和治委員長は「視聴者をダシに使い視聴率を稼ごうとした」と述べた

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.