天気予報を見る
 
新聞購読申込

親鸞直筆の1首見つかる/聖徳太子たたえた歌

2012/10/04 12:13

 見つかった親鸞直筆の「皇太子聖徳奉讃」の1首
 見つかった親鸞直筆の「皇太子聖徳奉讃」の1首

 浄土真宗の宗祖親鸞が聖徳太子をたたえた和讃「皇太子聖徳奉讃」の直筆1首が見つかり、本願寺維持財団が4日、東山浄苑(京都市山科区)で一般公開した。

 同財団によると、皇太子聖徳奉讃は1255年、仏教を広めた太子を深く尊敬した親鸞が書いた七五調の仏教賛歌。全75首が写本で伝わっているが、直筆は14首ほどしか発見されていない。

 今回見つかったのは、第64首が書かれた和紙。「如来の教えを疑いそしり、方便を破壊する者は(太子と対立した)物部守屋と思うこと。親しみ近づいてはならない」という内容が記されている。同財団が今年9月、京都市内の古美術商から買い取った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.