天気予報を見る
 
新聞購読申込

京極夏彦さんが被災文化財を救援/電子書籍収入を寄付

2012/03/30 17:11

 記者会見で「京極ファンド」の設立を表明した作家の京極夏彦さん(右)と宮田亮平東京芸術大学長=30日午後、東京都台東区の東京芸術大
 記者会見で「京極ファンド」の設立を表明した作家の京極夏彦さん(右)と宮田亮平東京芸術大学長=30日午後、東京都台東区の東京芸術大

 人気作家の京極夏彦さんが30日、東京都台東区の東京芸大で記者会見し、電子書籍「百鬼夜行シリーズ」の配信収入の半分を、東日本大震災の被災文化財レスキュー(救援)事業に寄付すると発表した。寄付金は「京極ファンド」として、古文書などの修復、保存に使われる予定。

 京極さんは「後世に伝えるべきものが失われてしまうことは耐えられない。電子書籍の収益という形で、長いスパンで協力していきたい」と述べた。

 百鬼夜行シリーズは、デビュー作「姑獲鳥の夏」をはじめとする人気シリーズで、版元の講談社が16日から電子版の配信を始めている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.