天気予報を見る
 
新聞購読申込

吉本が香港で衛星放送/日本の番組を放映へ

2012/03/25 19:24

 記者会見でポーズをとる吉本興業の大崎洋社長(左から2人目)、東風衛視の葛福鴻社長(同3人目)ら=25日、沖縄県宜野湾市
 記者会見でポーズをとる吉本興業の大崎洋社長(左から2人目)、東風衛視の葛福鴻社長(同3人目)ら=25日、沖縄県宜野湾市

 吉本興業は25日、アジアを中心に約1500万世帯が視聴できる衛星チャンネル「東風衛視」(本社・香港)と業務提携し、5月から同局を共同運営すると発表した。局の名称も「吉本東風衛視」と改める。

 当初は1日3時間ほど日本のバラエティー番組などを放送し、その枠を徐々に広げる方針。吉本の大崎洋社長は「日本のテレビ各局と相談しながら、こちらの地上波の番組を『吉本東風衛視』でも流したい」と話した。

 大崎社長と東風衛視の葛福鴻社長は同日、沖縄県宜野湾市で開催中の第4回沖縄国際映画祭の会場で記者会見。葛社長は「日本の番組制作は細やか。日本の経験を持ち込みたい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.