天気予報を見る
 
新聞購読申込

河野裕子さんしのび短歌賞を創設/「家族」テーマに公募

2012/03/23 18:50

 記者会見で、歌人の河野裕子さんの業績をたたえる短歌賞の創設を発表する(手前から)俵万智さん、永田和宏氏ら=23日、京都市
 記者会見で、歌人の河野裕子さんの業績をたたえる短歌賞の創設を発表する(手前から)俵万智さん、永田和宏氏ら=23日、京都市

 戦後生まれを代表する歌人で、2010年に64歳で亡くなった河野裕子さんの業績をたたえる短歌賞を創設すると、歌人で夫の永田和宏さんと俵万智さんが23日、京都市で記者会見し、発表した。

 河野さんは京都女子大在学中の1969年に「桜花の記憶」で角川短歌賞を受賞。妻や母として生活実感に根差した歌を数多く発表し、乳がんが見つかった後も治療を受けながら作り続けた。

 創設されるのは「〜家族を歌う〜河野裕子短歌賞」。家族をテーマにした歌と、恋や愛の歌、中高生を対象にした青春の歌の3部門で公募する。4月1日から8月16日の消印有効で、10月に賞が発表される予定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.