天気予報を見る
 
新聞購読申込

伊丹十三賞に森本千絵さん/独自の世界観を評価

2012/03/21 17:39

 優れた表現活動に贈られる第4回伊丹十三賞(ITM伊丹記念財団主催)は21日までに、コミュニケーションディレクターの森本千絵さん(35)に決まった。贈呈式は4月中旬に東京都内で行う。賞金は100万円。

 森本さんは東京都出身。テレビCMやポスターなどの広告から、保育園や動物園などの空間デザインまで手掛け、「心の奥まで届く独自の世界観と、ジャンルを問わない作品の可能性」が評価された。選考委員は映画監督の周防正行さんら。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.