天気予報を見る
 
新聞購読申込

正倉院、素屋根の内部を公開/有識者らが視察

2012/03/06 19:19

 正倉院の大修理で見学スペースを設けた素屋根内部が公開され、屋根瓦などを視察する有識者ら=6日午後、奈良市
 正倉院の大修理で見学スペースを設けた素屋根内部が公開され、屋根瓦などを視察する有識者ら=6日午後、奈良市

 宮内庁正倉院事務所は6日、約100年ぶりとなる正倉(国宝)の大修理で、校倉造りなどの外観をこれまでにない近さから見学できるスペースを設けた工事用の素屋根内部を報道陣に公開した。

 この日開かれた整備に関する懇談会で、有識者らが視察。素屋根は正倉院全体を覆い、内部は3階建てで南北48メートル、東西35メートル、高さ19メートル。作業デッキに、一般の見学者が正倉を数メートルの近さから見ることができる通路を併設した。

 有識者は、屋根瓦の傷み具合や垂れ下がった軒先を視察したほか、創建時代の文様を再現した瓦の試作品を確認。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.