天気予報を見る
 
新聞購読申込

野村又三郎氏が死去/狂言和泉流派の当主

2007/12/13 10:55

 狂言和泉流3派の1つ、野村又三郎家の当主で狂言師の12世野村又三郎(本名信広)氏が12日午後1時3分、脳腫瘍のため名古屋市中区の病院で死去した。86歳。東京都出身。自宅は名古屋市中区平和1ノ20ノ4。葬儀・告別式は15日午前11時から名古屋市千種区千種2ノ19ノ1、いちやなぎ中央斎場で。喪主は長男小三郎(本名信行)氏。

 父の11世又三郎に師事し、4歳で初舞台。1950年に12世を襲名した。82年に文化庁芸術祭優秀賞、85年に名古屋市芸術特賞、2004年松尾芸能賞特別賞をそれぞれ受賞した。重要無形文化財総合指定保持者。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.