天気予報を見る
 
新聞購読申込

休刊の軍縮月刊誌復刊へ/継続求める市民ら会結成

2005/05/17 20:25

 平和や軍縮問題に取り組んだ元参院議員の故宇都宮徳馬氏が25年前に創刊した月刊誌「軍縮問題資料」が、財政的な理由から4月号で休刊となったことを受け、大学教授や弁護士らが17日、市民団体「軍縮市民の会・軍縮研究室」を結成して7月号から復刊することを明らかにした。

 憲法9条などの改正議論が高まりを見せる中、雑誌の継続を求める読者らの要望が多かったという。

 東京都内で記者会見した神奈川大教授で同会の田畑光永編集委員長は「リベラルな雑誌が少なくなっている。新しい読者を獲得していきたい」と抱負を述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.