天気予報を見る
 
新聞購読申込

「南街会館」が閉館/興行発祥の地、シネコンへ

2004/01/31 06:41

「南街会館」1日に閉館/大阪・ミナミの南街会館 老朽化のため閉館、解体される大阪・ミナミの映画館「南街会館」=大阪市中央区
 老朽化のため閉館、解体される大阪・ミナミの映画館「南街会館」=大阪市中央区

 日本の映画興行発祥の地に建つ大阪・ミナミの映画館「南街会館」が、老朽化のため2月1日閉館し、解体される。開館以来、観客動員数は延べ約8300万人。跡地に新しく建設されるビルには大手小売りの丸井が出店、50年の歴史を持つ映画館は、上層階でシネマコンプレックス(複合型映画館)として生まれ変わる。

 南街会館を運営する東宝によると、同館は1953年開業。この地にあった「南地演舞場」は、1897年2月、映画を発明したフランスのリュミエール兄弟が製作したシネマトグラフを日本で初めて、一般席10銭の入場料で上演し、映画興行発祥の地といわれる。

 偶然その場所に映画館を建てた阪急・東宝グループの創始者小林一三は「私はその事実を知らずして南街会館建設を企画したのである。誠に奇しき因縁と思っている」とその驚きを同館1階の銅版に残している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.