特殊詐欺の被害を未然に防ぎ、感謝状を受け取る山下所長=丸亀署

特殊詐欺の被害を未然に防ぎ、感謝状を受け取る山下所長=丸亀署

 特殊詐欺の被害を未然に防止したとして、丸亀・善通寺・多度津地区防犯協会(会長・梶丸亀市長)と丸亀署(綾田浩三署長)は、百十四銀行丸亀支店塩屋出張所(山下麻矢所長)に感謝状を贈った。

 同署によると、市内の70代女性が5月18日、証券会社の社員を名乗る男から電話で「株券の購入にトラブルが発生した。解決するためには現金を送らなければならない」などと言われ、同出張所窓口で定期預金を解約して現金150万円を引き出そうとした。女性が理由をうまく説明できなかったことなどから、銀行側が警察に連絡し、被害を未然に防いだ。

 27日に同署で贈呈式があり、梶市長と綾田署長が感謝状などを贈った。山下所長は「お客さまの資産を守ることができてよかった。今後も被害を食い止められるよう取り組みたい」と話した。