事件現場付近で情報提供を呼び掛ける小豆署長ら=土庄町渕崎

事件現場付近で情報提供を呼び掛ける小豆署長ら=土庄町渕崎

 土庄町内で2009年に発生した死亡ひき逃げ事件から丸7年を迎えた25日夜、小豆署は現場付近でチラシを配り、ドライバーらに情報提供を呼び掛けた。

 事件は09年12月25日午後7時10分ごろ発生。同町渕崎の土庄中央病院(現土庄診療所)前の県道を横断していた女性=当時(81)=が、横から来た軽トラックにはねられて死亡。車はそのまま北方の交差点を左折して走り去った。

 同署は容疑車両を1999〜2007年製のダイハツ「ハイゼット」の白色と特定。延べ約1万1千人の捜査員を投入して捜査を続けているが、有力な手掛かりは得られていない。

 この日は今田英朗署長ら11人が出て、午後6時45分ごろから約1時間、容疑車両の特徴や現場の地図のほか、「犯人は必ずいます!」といった文言を記したチラシ約160枚をドライバーらに手渡し、「ささいな情報でも構わないので連絡してほしい」と訴えた。情報提供は同署〈0879(82)0110〉。