犯人逮捕に向け、情報提供を呼び掛ける真鍋さん(左から2人目)=香川県まんのう町吉野下

犯人逮捕に向け、情報提供を呼び掛ける真鍋さん(左から2人目)=香川県まんのう町吉野下

 香川県内で未解決となっている3件の殺人事件で、香川県警は18日、香川県内4カ所で情報提供を呼び掛けた。まんのう町では、1997年3月に旧琴南町の山中で遺体で見つかった真鍋和加さん=当時(16)、三豊市詫間町=の母親明美さん(66)や木下本部長らが事件の概要を記したチラシ250枚を買い物客らに手渡し、「ささいなことでも構わないので情報提供を」と訴えた。

 他の2件は、坂出市の女性経営者殺害事件(97年12月)と東かがわ市の女性元幼稚園長殺害事件(2005年3月)。いずれも殺人罪などの公訴時効廃止を受けて県警察協会が創設した懸賞金制度の対象で、8月に情報受付期間を1年延長したことに合わせ、街頭活動を行った。

 真鍋さんは「私の中では娘は16歳のまま。時効が無くなって犯人は一生逃げ隠れしながら生きていかないといけない。それなら早く出てきて、娘の前で謝ってほしい」と話した。

 情報提供は香川県警捜査1課〈(0120)120016〉まで。