高齢者に特殊詐欺被害と交通事故への注意を呼び掛ける「かもめ〜る」

高齢者に特殊詐欺被害と交通事故への注意を呼び掛ける「かもめ〜る」

 特殊詐欺被害と交通事故への注意を促そうと、坂出署(丸橋秀弘署長)と坂出郵便局(宮武等志局長)などは20日、啓発用の暑中見舞いはがき「かもめ〜る」を1万枚用意し、坂出市と宇多津町の高齢者宅への配達を開始した。

 同署などは2015年から、かもめ〜るを活用した啓発を行っており、今夏で4回目。はがきは同署と坂出地区防犯協会連合会、坂出交通安全協会が用意し、「ご注意ください! 電話等による悪質な詐欺が急増中!」「夜間の外出時は反射材を着用しましょう!!」などの注意とともに、届いたはがきを玄関など目に付きやすい場所に置くよう呼び掛けている。

 この日は坂出市京町の同郵便局で出発式があり、同交通安全協会の新谷五十雄会長ら約40人が出席。丸橋署長が「高齢者の被害を少しでも減らすため、配達をよろしくお願いします」と宮武局長にかもめ〜るを手渡した。同郵便局員が出発宣言を行い、高齢者宅への配達をスタートした。

 同署管内では、協賛企業が用意したかもめ〜るも併せて配達される。