よいこのやくそく

よいこのやくそく

 不審者による声掛け事案の注意点を子どもに分かりやすく伝える語呂合わせ。今回は不審者に遭わないための心掛けなどをまとめた「よいこのやくそく」を紹介します。

 不審者に遭わないためには家族でルールを決めておくことが大切です。「よ」の「寄り道をしない」や「そ」の「外ではみんなで遊ぶ」、「い」の「行き先と帰る時間を知らせる」などをしっかり確認し合いましょう。

 不審者に遭ってしまった場合は、きっぱり断りましょう。「や」の「優しそうでも知らない人には付いていかない」といった心掛けのほか「こ」の「怖いときは大きな声で助けを呼ぶ」も忘れずに。

 こうした語呂合わせは、子どもだけでなく保護者も覚えることで、子どもへの浸透が深まるほか、地域の防犯意識の向上につながります。家族みんなで共有してください。