命を守る五つのポイント

命を守る五つのポイント

 不審者に遭遇した場合、どうするべきか。これまでに「大きな声を出す」や「逃げる」を紹介しました。危険から身を守るポイントはこれらを含め、五つあります。

 一つ目は「離れる」。知らない人など「おかしいな」と感じる相手に近づいては危険です。大人が手を伸ばしても届かないよう、必ず1メートル以上は離れてください。

 二つ目は「断る」。「遊びに行こう」「お菓子いらない?」などしつこく声を掛けてくる不審者もいます。もじもじせず、はっきり、きっぱりと断りましょう。

 三つ目は「大きな声を出す」。「助けてー」などと叫び、周囲に危険を知らせましょう。また、叫ぶと同時に四つ目の「逃げる」も実践を。人のいる方向など安全な場所を見つけ、諦めないで逃げてください。

 五つ目は「伝える」。いつ、どこで、何があったのかを、不審者の特徴とともに、大人へすぐに知らせてください。