侵入盗の被害を分析すると、ほとんどが「窓」か「出入り口」から入られています。つまり「侵入されにくい家」になるには窓や玄関の対策が重要。キーワードは「簡単に開けさせない」です。

 犯人が嫌がることの一つが誰かに見られることです。そのため、犯人の多くが侵入に5分以上かかる場合、犯行を諦めると言われています。

 玄関の鍵は、補助錠を備えた「ワンドア・ツーロック」とドアチェーンのセットが基本です。ここに、サムターン(室内側のつまみ)回し防止カバーやこじ開け防止プレートがあればより安心感が高まります。窓の鍵も補助錠がほしいところ。窓を割って侵入されないよう、防犯フィルムを貼ることもお勧めします。

 ただ、これらもしっかり鍵をかけてこそ効果を発揮します。被害に遭った住宅の約7割が無施錠の窓や出入り口から侵入を許しています。近所への外出でも油断せず、施錠を徹底しましょう。