ワンタイムパスワード

ワンタイムパスワード

 窓口に行かずに振り込みなどができるインターネット銀行を利用する人が増えています。金融機関は不正送金対策として、一定の時間がたつと自動的に変わる上、1回限りしか使えないワンタイムパスワードを採用していますが、これを言葉巧みに聞き出そうとする手口が発生しています。

 ワンタイムパスワードは、銀行から渡される端末機器や事前に設定したスマートフォンアプリなどで受け取れます。金融機関はこれを入力しなければネット銀行で取引できないようにすることで、預金を不正に送金される被害に遭いにくくしています。

 パスワードを聞き出す手口は、電話で銀行の担当者をかたり「不正アクセスが起き、ワンタイムパスワードを初期化する必要ができた。現在のパスワードを教えて」など周到なものが目立ちます。安易に教えないことは当然ですが、電話の相手が本物かどうか、自分で調べることも大切です。端末機器やスマホを紛失しないよう適切な管理にも努めてください。