高松市の丸亀町壱番街ドーム広場でこのほど、特殊詐欺被害防止キャンペーンがあった。浜田知事や千野県警本部長のほか、元嘱託警察犬「きな子」の娘「みりん」も参加。啓発グッズなどを買い物客に手渡しながら注意を呼び掛けた。

 キャンペーンは2009年から毎年実施、今回は15日に行った。県くらしの見守り隊や学生ボランティアら計110人が参加し、チラシなどの啓発グッズ400セットを配布。県警安全・安心まちづくり教育隊特別隊員のみりんも制服姿で歩き回り、特殊詐欺の被害防止をアピールした。