西日本高速道路などはこのほど、観音寺市大野原町の高松自動車道大野原インターチェンジ(IC)内の料金所で強盗事件を想定した防犯訓練を行い、犯人への対処法や関係機関との連携を確認した。

 防犯意識の徹底などを目的に観音寺署と協力して13日に実施、約40人が参加した。訓練は、拳銃を持った犯人が料金所出口ブースでスタッフを人質にし、事務室内で現金を強奪し逃走したとの想定。参加した職員は犯人の特徴や状況を正確に把握し伝えることの重要性を確認した。料金所の高橋本明所長は「今後も定期的な巡回を徹底するなど普段から防犯意識を高めておきたい」と話していた。