船員手帳などの書類を確認する高松海保の職員ら=高松市サンポート、高松港

船員手帳などの書類を確認する高松海保の職員ら=高松市サンポート、高松港

 人や物の流れが増える年末年始に合わせて、高松海上保安部と四国運輸局は10日、フェリーなどを対象にした特別警戒と安全指導を始めた。来年1月10日までの期間中、安全航行の指導のほか、犯罪やテロの未然防止に向けた警戒を強化する。

 総点検は毎年実施。初日は高松市サンポートの高松港で、両機関の職員約30人が着岸したフェリーに乗り込み、船内を査察した。

 職員は船員手帳や海員名簿などの書類に不備がないかをチェック。客室内の大人用と子ども用の救命胴衣の保管状況や、非常時に旅客を誘導する方法なども確認した。