個人による対策の一例

個人による対策の一例

 被害が後を絶たない特殊詐欺。個人でできる対策について紹介します。

 まずは、常日頃から家族や知人とコミュニケーションを取って相談できる関係を築いておきましょう。「息子や孫と話すのは久しぶりだ」「恥ずかしくて誰にも相談できない」「怒られる」というような被害者の弱みに犯行グループはつけ込んできます。家族だけの合言葉をつくったり、不審電話がないかを定期的に確認するようにしましょう。

 次に、自宅の固定電話の設定についてです。不審電話に出ないのが一番の対策です。留守番電話に設定したり、ナンバーディスプレーを活用し、知らない番号には出ないでください。

 また、固定電話に接続する装置で、通話状態になる前に相手に警告メッセージを流す「撃退装置」を設置しましょう。県警で体験貸し出しを行っていますので、最寄りの警察署に相談してみてはいかがでしょうか。