「一人暮らしの認知症の父が多額の未公開株を購入していた。換金困難な海外通貨も買っている。必ずもうかると言われて買ったようだが、本人はだまされたと思っていない」などの相談。高齢者は、次々と商品などを売りつける「次々販売」の標的になりがち。周囲の見守りのほか、判断力が不十分な場合は成年後見制度の利用を。