「賃貸住宅を退去したが、敷金が返金されず、さらに修繕費15万円を請求された」との相談を受けました。借り主には建物の原状回復義務がありますが、通常の使用で生じた損耗の修繕費を負担する必要はありません。修繕の明細書を基に貸し主とよく話し合いましょう。また、トラブル防止のために契約時に契約条件を十分確かめ、損耗などの状況を確認、記録しておきましょう。