「無料で粗品をあげる」などと仮店舗など閉め切った場所に誘い込み、台所用品などを無料または安価で配り、場を盛り上げ、熱狂的な雰囲気の中で布団や治療機器など高額な商品を無理やり売りつける催眠商法についての苦情が寄せられています。契約の際は雰囲気にのまれず、必要かどうか冷静に判断すること。契約しても、クーリングオフ期間中なら無条件で解約できます。