「法務省管理局から『請求裁判最終通告書』というはがきが届いた。身に覚えはないが、『未払金がある。連絡なき場合は裁判を行い、財産を差し押さえる』などと書いてある」という相談。これは公的機関をかたり、脅迫的な文面で不安をあおって連絡を取らせようとする詐欺の手口です。契約内容や請求金額、債権者の社名・所在地などの記載がない請求通知は架空請求の可能性が高いので、慌てて連絡してはいけません。不安な時は消費生活センターに相談してください。