「消費生活センターを名乗り、『個人情報が漏れている。削除には代理人が必要だ』と電話があった。本当か」という相談が寄せられています。削除を承諾すると「代理人にお礼の電話をするように」などという指示もあり、最終的には金銭を要求してきます。消費生活センターなどの公的機関がこのような電話をすることは絶対にありません。個人情報の削除を持ち掛ける電話が掛かってきたら、相手にせず、すぐに電話を切ってください。