ワンクリック請求や架空請求などで請求された料金の支払手段として、プリペイドカードの購入を指示し、カードに記載された番号などを業者に教えさせる、という手口が増えています。プリペイドカードの番号を伝えることは、購入した価値を相手に全て渡すことになります。他人に言われてプリペイドカードを購入したり、カード番号などを教えてはいけません。不安に思ったりトラブルに遭ったりした時は、消費生活センターに相談してください。