リコール中の製品による事故が毎年100件以上発生しています。事故を防止するには、多くの人にリコール情報が届き、適切に対応してもらうことが重要です。身の回りに対象製品がないか確認してみましょう。対象製品だと分かった場合は放置せず、直ちに使用を中止し、事業者に連絡してください。リコールの情報は事業者のホームページや新聞広告のほか、消費者庁の「リコール情報サイト」でも提供されています。