賃貸住宅を退去するときの原状回復費用や敷金精算をめぐるトラブルの相談が寄せられています。借り主には借りていた部屋を原状に回復して明け渡す義務がありますが、自然劣化や通常の使用で生じた損耗の修繕費を負担する必要はありません。退去時には家主側の立ち会いの下、現状を確認し、費用の内訳について十分な説明を求めましょう。また、契約時には契約内容をよく確認し、入居前の状況を記録しておくことが重要です。