「クリーニングに出した礼服を1年ぶりに着ようとしたら別物だった」という相談が寄せられています。クリーニング店に衣類などを預けたり、それを受け取る際には、預かり証の内容と現物が合っていることや、シミの有無などをクリーニング店と一緒に確認しながら受け渡しをしましょう。クリーニング事故賠償基準では、消費者が洗濯物を引き取ってから6カ月経過すると賠償されません。