「『消費料金に関する訴訟最終告知』というはがきが届いた。『訴訟』『差し押さえ』などと書かれており不安だ」といった架空請求の相談が後を絶ちません。業者は公的機関を思わせる名称を名乗って不安をあおり、連絡を取らせようとしますが、具体的な請求内容や金額などの記載がないものは架空請求の可能性が高いので、心当たりがない場合は無視しましょう。スマートフォンにSMSで届く、実在する企業名をかたるメールも同様です。不安な時は消費生活センターに相談してください。