「アパート退去時に、汚していないのに壁紙の張り替え費用を請求された」という相談。借主には故意や不注意などで生じた損傷部分を元の状態に戻す義務がありますが、壁紙の日焼けなどの経年劣化まで責任を負う必要はありません。ただし、契約書に特約が記載されている場合は、契約前の説明の有無などを踏まえて貸主との話し合いになります。トラブルを避けるため、契約書は特約までしっかりと確認し、入居前と退去時に室内の状況を日付入りで写真に撮っておきましょう。