「身に覚えのない請求メールが届いた。電話すると『プリペイドカードを買い、カードの番号を知らせるように』と言われた」という相談が増えています。このように支払い方法を指示するのは詐欺の手口です。プリペイドカード番号を伝えることは、カード自体を相手に譲ってしまうことと同じです。他人に言われてプリペイドカードを購入したり、カード番号などを教えてはいけません。不安な時、トラブルにあった時は、消費生活センターに相談してください。