患者の女児11人にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつなどの罪に問われた四国こどもとおとなの医療センター(善通寺市)の元小児科医井川雅崇被告(32)=懲戒解雇=の初公判が2日、高松地裁(横山浩典裁判官)で開かれ、井川被告は起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で「大学生の頃から幼い子どもを性的な対象として見るようになった。犯行は患者と2人きりになった際に及んでおり、『診療上の記録として必要』などとうそを言って写真撮影を繰り返した」などと指摘した。

 起訴状などによると、井川被告は2015年春から17年夏までの間、同センターと研修医として勤務していた広島西医療センター(広島県大竹市)の病室や診察室で、13歳未満の女児計11人の体を触ったり、スマートフォンで撮影したりしたとしている。