丸亀市と徳島県鳴門市のボートレース場(競艇場)に爆破予告の電話をかけたとして、威力業務妨害などの罪に問われた東京都調布市、無職田多井誠一被告(55)の判決公判が2日、高松地裁で開かれ、湯川亮裁判官は懲役1年6月(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

 湯川裁判官は判決理由で「経済的損失は甚大で、精神的打撃も大きいと推察され、結果は重大」と指摘。威力業務妨害罪の中でも悪質な部類に属するとして「責任は重く、実刑を免れない」とした。

 判決によると、田多井被告は今年3〜4月、調布市内の公衆電話から丸亀市や鳴門市の競艇場に「爆弾を仕掛けた」と電話をかけ、レースを中止させるなどした。