9月22日未明、徳島県の郵便局に侵入してパソコンを盗んだとして、愛知、広島、香川県警などの合同捜査本部は26日、建造物侵入と窃盗の疑いで、岐阜県瑞穂市、自称作業員伊藤次郎容疑者(52)ら男3人を再逮捕した。高松、東かがわ両市内の郵便局でも現金が盗まれる被害が相次いでおり、関連を調べる。

 他に逮捕されたのは、いずれも自称作業員の浜松市中区法枝町、冨田直道容疑者(42)と名古屋市南区、中山忠容疑者(44)。

 逮捕容疑は、9月22日午前0時15分ごろ、徳島県美馬市の郵便局に窓ガラスを割って侵入し、パソコン1台(約40万円相当)を盗んだ疑い。

 この直後には、高松市塩江町の「安原郵便局」、東かがわ市馬宿の「相生郵便局」でも窃盗事件が発生。窓ガラスなどが割られ、現金を管理する機械が盗まれた。現金の被害額は約400万円とみられている。

 愛知県警によると、東海、中国、四国の8県で8月以降、会社や店舗の事務所などが荒らされる被害が約30件発生し、愛知や香川、徳島など8県警が合同で捜査。広島県警が今月6日、島根県内でナンバープレートを盗んだとして窃盗容疑で3人を逮捕していた。