還付金詐欺

還付金詐欺

 特殊詐欺の中で、おれおれ詐欺や架空請求詐欺と並んで被害に遭いやすい手口が、医療費や税金を還付するとうたって現金をだまし取る「還付金詐欺」です。

 電話で年金事務所や自治体の職員を名乗り「医療費を払い戻します」などと還付手続きがあるように装うのが手口です。相手を信じ込ませると、現金自動預払機(ATM)に誘導、端末の操作を指示し、犯人の口座へ現金を振り込ませます。

 ATMを操作して現金が振り込まれることは絶対にありません。「ATMに行って」は詐欺と疑いましょう。また「手続きはきょうまでです」などと期限が迫ったような言い方をした場合も要注意。最近ではATMからの入金のほか、コンビニなどで電子マネーを購入させる手口もあります。

 還付金詐欺は被害者の大半が高齢者です。県警では高齢者に重点を置いた未然防止策に力を入れていますが、さらに注意してください。