香川県丸亀市内で20日、警察官や金融機関の職員を装い、「偽造された通帳が見つかった」「対策のため口座番号を教えて」などとする不審電話が10件相次いだ。丸亀署は特殊詐欺の「予兆電話」とみて注意を呼び掛けている。

 同署によると、不審電話は同日午前、同市内の高齢者宅を中心にあり、警察官や金融機関の職員を名乗る男からだった。「通帳が偽造され、口座が凍結された」「警察官が通帳の確認に行く」「現金を取られない対策をするので口座番号を教えて」などの内容。地区名を挙げ「詐欺電話が増えている」と信用させるような電話もあった。

 同署は「こうした電話があれば、まずは警察に相談してほしい」としている。