マイナンバー制度に便乗した詐欺被害に注意を呼び掛けるボランティアら=香川県観音寺市豊浜町

マイナンバー制度に便乗した詐欺被害に注意を呼び掛けるボランティアら=香川県観音寺市豊浜町

 マイナンバー制度に便乗した特殊詐欺被害に注意を促そうと、観音寺署(詫間啓司署長)と県くらしの見守り隊観音寺支部(高岡令子支部長)は15日、香川県観音寺市豊浜町の病院で被害防止を呼び掛けるキャンペーンを行った。

 年金支給日に合わせて、金融機関や高齢者の利用の多い病院で実施しているキャンペーンの一環。同署によると、管内ではマイナンバー制度に絡む被害や相談はこれまでにないものの、今後、便乗詐欺が想定されることから企画した。

 同署員と見守り隊のボランティア計11人が病院玄関などで、制度を悪用した詐欺の手口や注意事項をまとめた啓発チラシ計150セットを配布。「マイナンバーを他人に教えてはダメ」と呼び掛けた。