香川県坂出市内で29日までの2週間、市職員を名乗り、医療費の還付があるとかたる還付金詐欺の電話が4件相次いだことが分かった。いずれも未遂だったが、市けんこう課は警戒を強めている。

 同課によると、15、18、21、29日に高齢者を中心とした男性の自宅に同課の職員を名乗る男から「医療費の還付金がある。期限を過ぎているが、きょう手続きをすれば間に合う」などと電話があった。現金自動預払機(ATM)に行くよう指示された人もいた。

 同課は「電話で医療費の還付を連絡することはない。十分に注意してほしい」と呼び掛けている。