香川県内で19日、警察官を名乗るおれおれ詐欺の電話が少なくとも11件相次ぎ、うち1件で約140万円をだまし取られた。狙われたのはいずれも高齢の女性で、香川県警捜査2課は同一犯の犯行とみて調べている。

 同課によると、同日午後2時ごろ、香川県高松市内の無職女性(83)宅に、県警の警察官を名乗る男から「銀行の口座が荒らされている。できるだけ口座を空っぽにしてください」などと電話があった。女性が最寄りの銀行で現金を引き出したところ、3時半ごろ自宅に来た別の警察官を名乗る男に「お金を確認する」などと言われ、現金約140万円を手渡したという。

 高松のほか丸亀、坂出、さぬきの3市などでも同様の電話があったが、残りの10人は不審に思って電話を切って警察に通報したため、被害を免れた。

 今年香川県内では既におれおれ詐欺被害が7件(前年同期1件)、被害額は計約2500万円(同約1500万円)に上っている。同課は「不審な電話があれば、すぐに知人や警察に相談を」と注意を呼び掛けている。